« さくらちゃんのその後 | トップページ | 小さな犬の大きな蓄膿症 »

2010年5月12日 (水)

腫脹した陰嚢の正体は?

 

 ゴールデンレトリバー 雄 12歳がこれ以上ないくらいに陰嚢を腫らせて来院。

フィラリア陽性で1週間内服後に本日手術となった。

Imgp1715

腫れあがったタマタマに手袋をかぶせて遊んでいるわけではなくて、汚染防止の

ためにすっぽりこれで覆うと手術操作がしやすくなるのである。

Imgp1719

 付け根を輪状に切除する心持で、中を確認しながら進めていくと、予想に反して

萎縮傾向にあった両精巣をまず先に切除する。

Imgp1722

ソケイ部からなにか進入していることもなく、大きい陰嚢のまま摘出した。

Imgp1724

それなりに出血があったが、電気メスとレーザーで比較的早くここまで作業できた

Imgp1738

上に委縮した精巣。陰嚢内に白色の結節が散在している。ヨシカワ先生からの

診断待ちとなるが、果たしてその正体とは?

« さくらちゃんのその後 | トップページ | 小さな犬の大きな蓄膿症 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さくらちゃんのその後 | トップページ | 小さな犬の大きな蓄膿症 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ