« 半椎体症 | トップページ | 難治性角膜潰瘍の症例 »

2010年5月 3日 (月)

American Heartworm Society のガイドライン

 本日届いた獣医師向け雑誌に、犬糸状虫(フィラリア)症の治療ガイドラインが

掲載されていた。宮崎大学の萩尾光美先生(日本犬糸状虫症研究会会長)により

紹介されている。

Img_0002

3年ごとに改定されているガイドラインで2007年版である。

Img_2

成虫駆除は、どのステージにおいても1か月以上間隔の2段階、3注射を推奨してい

る。

Imgp0560

国内で販売されているメラルソミン2塩酸塩注射剤であるイミトサイド。

100330_004

この堅い虫を殺すというので、かなり「強力」である。

しかし薬の副反応が怖いのではなくて、薬によって死んだ虫が肺動脈塞栓を来たし、

呼吸器・循環器のコントロールが困難になりがちなところに怖さがある。

これは、併用される安静保持と内服投与によってその困難がより容易となる。

« 半椎体症 | トップページ | 難治性角膜潰瘍の症例 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 半椎体症 | トップページ | 難治性角膜潰瘍の症例 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ