« 前腕骨変形癒合の症例 | トップページ | 犬の直腸がん »

2010年4月18日 (日)

複雑骨折の犬

 昨年夏に交通事故による複雑骨折で、無残な状態だった9歳の犬が、久しぶり

来院して元気な姿を見せてくれた。

Imgp1365

下腿足根関節が露出して不潔創である。路面にひきずられることで起こる損傷。

しっかりと洗浄後にPRPゲル貼付後にフィルムドレッシングを施した。

Imgp1368

年齢と損傷の程度から、先行き不透明な深刻な病態である。

Imgp1486

骨折の程度もひどい。

保存的に治療していくと感染も来さずに、ぐんぐんと治癒方向に向かってくれた。

PRPのおかげとしかいいようがない。

10_04_18_002

皮膚炎で本日来院した時の様子では、まったく跛行なく、しっかり負重していた。

特別な手術もしていないので、本人の治癒力を手伝っただけで治っていることにな

る。

骨、軟骨、靭帯、腱などがPRPによって再生することと、繊維芽細胞の増殖が

進された結果、線維組織による固定力により支持力が得られたものと考えられ

る。

感染防御能力にも優れたPRPである。

« 前腕骨変形癒合の症例 | トップページ | 犬の直腸がん »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 前腕骨変形癒合の症例 | トップページ | 犬の直腸がん »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ