« 中枢神経系へのPRP適用 | トップページ | 久しぶりのツーリング・レポ »

2010年4月 8日 (木)

肛門腺破裂

 数日来肛門腺が腫れて、自潰した犬11歳の処置があった。

Imgp6294

 肛門腺の開口部よりカテーテルを挿入して生食で洗浄すると、肛門腺が一部

穿孔していて、生食とともに豆腐のカス状のデプーリスが噴き出してくる。

PRPを挿入した後に縫合する。

Imgp6302

 導管を巻き込んで縫合したり、がないように、カテを入れて識別している。

091028_027

 天候不順 がおもな理由で、乗れていないけれど、やんばるの自然が待ってい

る。早く出かけてみたいものだが。

« 中枢神経系へのPRP適用 | トップページ | 久しぶりのツーリング・レポ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中枢神経系へのPRP適用 | トップページ | 久しぶりのツーリング・レポ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ