« フェレットの脱毛症 | トップページ | 肢端の腫瘍 (肥満細胞腫) »

2010年3月22日 (月)

去勢が遅かった子の肛門周囲腺種

 

 10歳のチワワが肛門周囲腺腫で手術治療を受けた。

 8歳で去勢手術を受けているが、若い時期に受けている子に比べて、罹患率は

どうしても高くなってしまう。

100321_002

 肛門直上に大きく硬い腫瘤を形成する。

100321_004

 やはりレーザーと電メスでの併用手術であるが、血管が入り込むので出血を見

ては止血しながら、腫瘍を切除していく

100321_009

しっかりとマージンをとって切除したいが、そうすると次に縫合がたいへんとなる。

100321_013

 PRPゲルを挿入することにより、縫合のみの場合に比べて、より癒合しやすく、

感染しにくい創内環境をつくることができる。

 

 手術に先立って、各種検査をしてみると、僧帽弁前尖が閉鎖不全で、モザイクが

左房後方への逆流を示していた。聴診ではまったく雑音は聞こえてこないので

詳細な検査がやはり大切となる。

« フェレットの脱毛症 | トップページ | 肢端の腫瘍 (肥満細胞腫) »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フェレットの脱毛症 | トップページ | 肢端の腫瘍 (肥満細胞腫) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ