« 20kgの犬の大腿骨骨折 | トップページ | ファンベルトインジュアリーのその後 »

2010年3月 6日 (土)

ネコのひも状腸管内異物

 肛門から、ひもが飛び出していて、同時に嘔吐するネコであった。

ひもはひっぱっても抵抗あり、抜けないので開腹すると、

Imgp1577

 アコーディオン状の腸管で十二指腸から結腸までひもが続いていた。

Imgp1578

3箇所の切開口からひもを切断して摘出する。

Imgp1583

テープ状のひもであった。

« 20kgの犬の大腿骨骨折 | トップページ | ファンベルトインジュアリーのその後 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 20kgの犬の大腿骨骨折 | トップページ | ファンベルトインジュアリーのその後 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ