« 多血小板血漿療法入門 | トップページ | CAP通巻 250号 »

2010年3月30日 (火)

まだ続くフィラリア急性症

 

 2年前にイミトサイド注射剤でフィラリア成虫を駆除した犬、5歳、がその後予

せずに急性症を発症して、緊急手術となった。

100330_001

 右外頚静脈に孔を設けて、

100330_003

 フレキシブルアリゲーター・カンシという軟らかいカンシを心臓にまで進める。

この子はダックスなので10cmくらいで右心房まで届く。

100330_004

 かたまりで虫が取れる。これを何度か繰り返して、取れなくなるまで、画像上、

虫が見えなくなるまで作業を繰り返す。

100330_006

 ホサナA.Hは透視型レントゲンが設備されていないために、心エコーモター

下で手術している。 低侵襲でいいかもしれない。虫自体もよく見えるし。

100330_008

これだけ取ると、これまで心雑音がひどかったのが、うそのようにきれいな心音

になっていた。たった2年間でこんなにとは。

 

 問題なのは、2回もフィラリア症から助けていると、飼い主さんがさらに予防を

視しななるのでは?という心配があるが、肺動脈の硬化や塞栓の病変は

虫が存在すると徐々に進行していくので、やはり予防にまさるものはない。

« 多血小板血漿療法入門 | トップページ | CAP通巻 250号 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 多血小板血漿療法入門 | トップページ | CAP通巻 250号 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ