« 避妊手術時に起こるいろいろなこと | トップページ | 犬の椎間板ヘルニア »

2010年3月15日 (月)

準全顎抜歯のネコちゃん

 

 歯が痛そうで食べにくそう、という飼い主さんからの主訴より、麻酔下で確認

してみると、

100313tvh_020

 スケーラーチップが少し当たるだけで、歯肉が溶けるように退縮して、歯根が

露出しているのがわかった。

 

 こういうときは、しっかりしていそうな歯の歯根も歯周病で緩んでいることが多く

この子も結局犬歯と一部の切歯を除いた他の歯はすべて抜歯となった。

 

 しかしネコの生活の質はこのほうがはるかに向上して、痛みがなく、しっかりと食

られるものだ。

 

 なお、エイズ・白血病ともマイナスと出るので、カリシウイルスの持続感染に

歯周病菌が2次感染しているものと考えられる。

« 避妊手術時に起こるいろいろなこと | トップページ | 犬の椎間板ヘルニア »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 避妊手術時に起こるいろいろなこと | トップページ | 犬の椎間板ヘルニア »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ