« 放し飼いで交通事故に遭う | トップページ | まだ続く大静脈症候群 »

2010年2月19日 (金)

前部ぶどう膜炎

 

 昨日今日と、ネコの目がおかしいということで診ると、二匹連続で前部ぶどう膜

炎という、前眼部の血管の炎症による病変があった。

100219_002

 スコティッシュフォールドで、虹彩動脈輪に沿って出血と充血が著明であった。

瞳孔散大もあったので測ってみるが眼圧は正常である。

 よくよく聞いてみると、子供たちが手荒いスキンシップをすることがわかり

ネコパンチならぬヒトパンチをくらっていたようだ。

100219_006

シャム系雑種のこの子は、前房にフィブリンが浮かんでいる。虹彩は出血も充血

も目立たないが。もともとノラで今も外へ出る子なので感染性の原因が疑わしい。

 こういう場合、眼の病気だけど注射もするし、内服ものまないと治らないものだ。

 

 不思議と続く時は同じ病気・ケガが続き、昨日は爪が剥がれた犬がやはり連続

して2匹、外科処置をしていた。

« 放し飼いで交通事故に遭う | トップページ | まだ続く大静脈症候群 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 放し飼いで交通事故に遭う | トップページ | まだ続く大静脈症候群 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ