« 根尖周囲膿瘍で顔が腫れて | トップページ | ファンベルトインジュアリィ »

2010年2月26日 (金)

根尖膿瘍つづく

 

 やはり続くときはつづく。また歯の根っこが腐って顔が腫れている犬である。

10歳で30キロある大型犬だ。4年前にフィラリア成虫駆除をしていて、いま

はとても元気である。駆除していなければいまごろこのような歯の痛みは味わって

いなかっただろう。

100226_001

ポツンと自潰している孔が見える

100226_013

やはりP4の歯冠が破切していてこれが原因歯である。伝達麻酔をして、

100226_022

スケーリングで歯石が除去されると、歯冠の破切が明瞭で歯髄が変色している

100226_028

抜歯してのちにスケーラーで洗浄すると自潰孔に水が流出する。

100226_031

特に前の2根が瘻を形成していた。

100226_037

分割抜歯してみたが、3根とも歯髄が腐っていた。

このあと自潰孔は自然と塞がるものでそのまま放置した。

« 根尖周囲膿瘍で顔が腫れて | トップページ | ファンベルトインジュアリィ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 根尖周囲膿瘍で顔が腫れて | トップページ | ファンベルトインジュアリィ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ