« 手術をしなければならないフィラリア症 | トップページ | 久米島出張診療 H22.2.8 »

2010年2月 6日 (土)

動物の回復力

 

 朝早めに病院に来てみると、昨日まで食欲のなかった犬と猫が、それぞれ食事

を摂ってくれて、朝から嬉しい気分になる。

 

 1週間前に朝一で保護された路上傷病ネコは下アゴが外れて、頭部の損傷も

すくなからずあって回復までに時間がかかった。

100131_006

 こんなにたいへんなことになっていたが、

100206_004

 こんなにかわいい顔のネコちゃんだったんだ。保護した方が飼えそう、と話して

おられたのでひと安心してよさそうだ。

 

 フィラリアを吊り出したサブロー君は、私が差し入れしたチキンをガツガツと食べ

てくれた。

100206_006

 肝・腎の酵素活性値が上がっていたのと、バベシア症も合併しているために

本日再検査予定だが、早く島に帰りたそうな表情である。

 

全身状態が落ち着いたら、残りの虫体をイミトサイド注射剤で駆除する予定だ

« 手術をしなければならないフィラリア症 | トップページ | 久米島出張診療 H22.2.8 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 手術をしなければならないフィラリア症 | トップページ | 久米島出張診療 H22.2.8 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ