« 根尖膿瘍つづく | トップページ | 涙丘睫毛乱生症 »

2010年2月27日 (土)

ファンベルトインジュアリィ

 ネコはやたら暖かいところが好きで、ここ南国沖縄でも最近寒い日が続いていた

ので、今日のこのネコちゃんは傷の形態から見て、暖かいエンジンルームに隠れ

ていてエンジンの始動と同時にファンベルトに巻き込まれたものと想像される。

100227_006

 指端の弁状創は洗っているうちに壊死皮膚弁が取れてぱっかり開いてしまっ 

た。前腕にも圧挫傷がある。

100227_012

爪先もボロボロで爪基部で皮膚剥離している。

100227_019

 細いナイロン糸でできるだけ寄せる。

100227_023

 本人(猫)自前のPRPを乗っけて、自分の傷は自分で治しましょう。

100227_024

 圧挫傷にも壊死皮膚片下にPRPを挿入してプラスモイストとフィルムドレッシ

グで終了。

 骨折がなくてよかった。

« 根尖膿瘍つづく | トップページ | 涙丘睫毛乱生症 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 根尖膿瘍つづく | トップページ | 涙丘睫毛乱生症 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ