« まだ続く大静脈症候群 | トップページ | 根尖膿瘍つづく »

2010年2月25日 (木)

根尖周囲膿瘍で顔が腫れて

 朝いちばんに、マルチーズの顔が腫れている、と心配して電話をしてくる飼い主

さんであったが、14歳という年齢を聞いて、歯が悪いのかも、と返事をしてその後

来院し、お預かりとなった。

100225_001

目の下が痛そうに腫脹している。聴診すると心雑音が著明だが、舌色は良好で

胸壁スリルもひどくないので吸入麻酔下で処置をすると、

100225_007

わたしの親指の下のP4という歯がグラグラであり、この根っこが腐って目の下を

腫らしていることがわかった。麻酔深度を低く保ちたいので、眼窩下孔という上顎

神経の出てくる穴に伝達麻酔をして後に、この悪い歯を抜歯する。

100225_009

上下さかさまになっているが、歯根から腫脹部位まで通過する 瘻管を形成してい

る。しっかり洗浄しているところである。

予防のためには、やはり早めのスケーリングが大切である。

« まだ続く大静脈症候群 | トップページ | 根尖膿瘍つづく »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まだ続く大静脈症候群 | トップページ | 根尖膿瘍つづく »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ