« 犬の食物アレルギー | トップページ | ネコの代謝異常症 »

2009年12月 7日 (月)

PRPと湿潤療法

 

 「創傷治療の進化」 で紹介したネコちゃんの創傷治癒が遅れているために

今日PRP (多血小板血漿療法) を適用してみた。

091207_001

肉芽床はできているが、周囲からの上皮化が弱い。こういうときは周囲から

肉芽組織に向けて、放射状切開を入れると上皮化が促進される。

091207_005

18Gの注射針を使用して切開を入れている。

091207_010

10ml採血した本人(猫)の血液からPRPゲルを作成して、肉芽に乗っけて、

091207_015

プラスモイストで被覆してオプサイトフィルムにてラッピングした。

さらにもう一枚オプサイトフィルムを重ねて終了した。

091207_016

1週間後が楽しみである。

« 犬の食物アレルギー | トップページ | ネコの代謝異常症 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PRPと湿潤療法:

« 犬の食物アレルギー | トップページ | ネコの代謝異常症 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ